ろんろぐ

二拠点FPガール


龍生派福島県支部いけばな展~明日へ 花ひらく~


ブログ「ろんろぐ」におこしくださり、ありがとうございます!

ディズニー好き♡FPガール
ろん(@ronlog11)です。

私の自己紹介はこちら→♡♡♡


みなさん、大型連休(ゴールデンウィーク・GW)は、どうおすごしですか?

 

私は、福島を満喫しつつ、ゆっくりとすごしています~(^^)

「わくわく」と「好き」で、心を満たし、令和へと進んでいきます♡

 

さて、大型連休のお楽しみ第一弾として、中合福島店で開催されている「龍生派福島支部いけばな展~明日へ 花ひらく~」へ行ってきました。

 

f:id:ronlog:20190427235132j:image

 

 

 

 

 

龍生派とは?

 

f:id:ronlog:20190427235449j:image

 

さて、お花は好きだけど、お花教室へ通ったこともなければ、いけばな(生け花)の知識は、まるでなし!

テレビ番組のプレバトを見て、柏崎省吾さんが、お花の生け方について、指導しているところを見るくらい・・・。

 

そんな、ド素人な私は、まず、龍生派とは、何ぞや?というところから、調べてました!

 

 

まずは、読み方から

 

f:id:ronlog:20190428142001j:image

 

龍生派、「りゅうせいは」と読み、華道(いけばな)の流派の1つで、明治19年1886年)に、初代家元吉村華芸(かうん)が創流。

 

グローバルな流派で、支部は、日本のみならず、海外にもあり、アメリカのポートランドにあるそうです。

 

 

名前の由来

 

f:id:ronlog:20190428142035j:image

 

龍生派の名前の由来は、「龍ケ城」からきており、初代家元の華芸の出身地が愛知県岡崎城で、その岡崎城の別名が「龍ケ城」だったことにちなんでいます。

 

龍生派の誕生

 

f:id:ronlog:20190428142058j:image

 

岡崎にて池坊を学んだ吉村華芸は、当時の池坊のいけばなを出生重視すぎると否定し、池坊を離れ、自己の流派を創流。

こうして、龍生派は誕生し、当時は「池坊龍生派」を名乗っていました。

 

表現方法

 

f:id:ronlog:20190428142014j:image

 

流祖・吉村華芸は立華・生花のみを流派の花として活動したが、二代目吉村華丘(かきゅう)の代に瓶花挿花として自由花を取り入れ、表現のジャンルを拡げました。

 

伝統に基づく「型」の中で表現する「古典華」(立華(りっか)・生花(せいか))と、作者の思いを「型」を離れて表現することのできる「自由花」の両方のジャンルにて活動していることが特徴。

 

「自由花」も、いわゆるテーブルサイズのいけばなだけでなく、建築物とのコラボレーションなど、インスタレーション的な展開も行っています。

 

三代目家元吉村華泉の代に、「ひと枝、ひと茎の植物が持っている個性を捉えて活かしていく」という考えを「植物の貌(かお)」と名付けて積極的に提唱。

その考え方は、龍生派のいけばなの根底を成すものとして現在も引き継がれています。

 

www.ryuseiha.net

 

 

 

 

 

17のジャンルに分けて展示

 

今回のいけ花展では、17のジャンルに分けての展示を見ることができました。

 

  • 立華
  • 大作
  • 生花
  • 花-光に浮かぶ
  • 光の上に~ガラス又はガラス器を使って~
  • 複数の器
  • たて長スペース
  • 草花
  • 長瓶
  • 葉の貌
  • パネル
  • カッティング・ザ・ウォール
  • オープンスペース(吊る)
  • オープンスペース(置く)
  • 野菜でいけばな
  • 漂白素材を使って
  • 基本花型 成蹊高校華道部

 

いけばな初心者としては、自由花が、とても面白かったです。

現代アートみたいで、美術館好きな人も、楽しめると感じたよ(^^)

 

私のお気に入りは「野菜でいけばな」

 

「農ブラ部」という農産物のブランディングを行っているコミュニティで活動するくらい「野菜は可愛い♡」と思っている私。

 

なんと今回は「野菜でいけばな」という野菜とお花を組み合わせて生きてあるブースがあり、1人ではしゃぎました♡

 

f:id:ronlog:20190427235302j:image


f:id:ronlog:20190427235307j:image

 


f:id:ronlog:20190427235229j:image

 

f:id:ronlog:20190428142206j:image


f:id:ronlog:20190427235205j:image

 

可愛い・・・!なんて、可愛いのだ・・・!

 

就農者(農家)や農産物好きな人にも、ぜひ、見てもらいたい。

 

マイペースに見られる


f:id:ronlog:20190427235247j:image

 

7階大催事場で、行われており、入退場自由で、各自が好きなものを自分のペースで見る、という雰囲気。

 

ベビーカーや幼稚園児くらいの子連れの家族もいて、会場スタッフの方も、優しく対応してくださるので、子供連れでも、見やすい印象でした(^^)

手の届く位置にも、展示があるので、要注意だと感じましたが、美術館などへあまり行けないというママにも、オススメです。大型連休中の家族での外出にも良さそう!

 

 

 

 

開催情報


f:id:ronlog:20190427235223j:image

 

開催情報については、以下の通りです。

 

会期:平成31年4月25日~平成31年4月30日

時間:午前10時~午後7時(30日は午後5時閉場)

会場:中合福島店 7階大催事場

主催:龍生派福島県支部

 

入場料は、なんと無料です。

その他のお金がかからず、無料で、たっぷりお花が見られました(^^)

 

 


f:id:ronlog:20190427235210j:image

 

 

 

ゆっくりすごす休日も素敵


f:id:ronlog:20190427235217j:image

 

旅行も良いけど、ゆっくりすごす休日も素敵♡

福島にいても、楽しめることはたくさんありますよ~(^^)

 

まだまだ、長期休暇を楽しみます!